埋没法でとれる前兆って??切開法も体験

二重まぶた、埋没法って?


埋没法とは、切らずに医療用の針と糸を使い二重まぶたにする手術のことです。

髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの内側から留めるだけの、今人気のプチ整形術です。

元に戻せない切開手術と比べて、メスを使わない埋没法は、元に戻すことができます。

手術時間も15分程度です。

埋没法は切開する方法に比べて、ダウンタイムが短く費用も安いというメリットがあります。

けれどデメリットとして、埋没法は永久に持続はしないと言われているんです。

キャプチャ12.PNG

二重まぶた埋没法はとれる?


一般的な埋没法は3~5年で50%以上の確率で、二重が消失して一重まぶたに戻ります。

数年間、二重まぶたが保たれたとしても、徐々に糸で固定したラインが下がってきて、

二重の幅が、徐々に狭くなってくることがあります。

まれに、埋没させた糸が皮膚の下に透けて見えることがあるそうです。

二重のラインが取れません!と言っているクリニックもありますが、

それでも保障期間を限定しているか、

再手術も一生保証している場合でも、それなりに料金が割高だったりしますよね。

埋没法がとれる前兆って?


埋没法の糸が取れるまでの期間は、個人差が大きくで

すぐとれちゃう人もいれば、10年以上取れない人もいるようです。

糸が取れてしまう主な原因は、まぶたへの刺激です。

洗顔やクレンジングでまぶたをこすることも、取れやすい原因となります。

埋没法に使用される手術用の糸は、極細でおよそ0.04mmだそうです。

そのため、こすったり引っ張ったりすることで糸が緩んだり切れたりするそうです。

一般的には、埋没法が取れる前兆として、

二重のラインがだんだん薄くなったり、二重の幅が狭くなったりするようです。

スポンサーリンク



埋没法が、とれた体験


私の場合は、とれる前兆は全く無かったです。

埋没法で手術をしてから2、3年経過したときに、

ある朝、突然に片方の目が完全に一重に戻っていました。

どうしよう!あまりに急だったので、その日はアイプチで出かけましたね。

埋没法で再手術しました。やっぱり取れた!!


後日、埋没法で再手術をしました。その際、以前の糸はそのままで再手術しました。

まぶたの糸って、まぶたに埋まってしまっているために、

糸をさがして取り出すのに、まぶたに傷をつけて取るそうです。

医師と相談して、前回の糸はそのままにすることしました。

埋没法での再手術は、とれた片方だけです。

けれど再手術後、快適に過ごしていたある日、またまた同じ方が取れてしまったんです!!

再手術から、1~2年後だったでしょうか、、、。

キャプチャ11.PNG

二重まぶた、部分切開法(小切開法)とは?


もう、2度もとれてしまうような私のまぶたは、埋没法ではダメなのかなと思い、

両目とも、部分切開法で二重まぶたにすることにしました。

切開法とは、メスを使用して二重のラインを作る手術です。

まぶたの中央を切開して、余分な脂肪と皮膚を一部取り除いて、二重のラインを作ります。

小切開は瞼の真ん中を10mm以下で切り、部分切開は数カ所を10mm以内(3~5mmずつ)で

切開するそうです。私は埋没法のように、2カ所ずつ小さく切開されました。

埋没法にくらべ、かなり戻りにくい手術です。

まぶたの皮下脂肪が多い人、皮膚のたるみが多い人、

くっきりとした二重のラインが作りたい人には、切開法が確実だそうです。

全切開という方法もあります。全切開は二重まぶたのラインに沿って、全切開する方法です。

切開した部分が大きいので、侵襲が大きいですが、

大きく変化させるような二重ラインを希望する場合は、全切開でおこなう必要があります。

スポンサーリンク




二重まぶた、部分切開法をしました


部分的ですがまぶたを切開しているので、当然埋没法よりもダウンタイムがあります。

切開しているので、内出血のリスクもかなり高くなります。

また、切開部分は傷口を縫合しますので、

術後1週間は、縫合した糸がついたままの状態で過ごさなければなりません。

そして1週間後に再度クリニックに行って、抜糸してもらいます。

私は、部分切開の手術の際に、前回の埋没法の糸を抜いてもらうことができました。

ダウンタイムの時には、目じりのあたりが少し内出血になりました。

部分切開での腫れの程度は、埋没法での腫れと、変わりなかったと思います。

それに抜糸までの1週間は、アイメイクはできません。

まぶたを閉じれば二重のラインのところに細かい黒い糸が見える状態です。

私は、目を見開いて糸が見えないようにがんばってましたが、

メガネをかけて過ごした方がいいかと思います。



二重まぶた、部分切開法のその後の経過は??


部分切開の手術から、十数年は経過していますが、全く不自由なく過ごしていますよ。

何度も埋没法を繰り返したくない!と思って部分切開法をしたわけですが、

本当によかったと思っています。

埋没法は、手術のやり直しができますし、侵襲も少ない簡単なプチ整形ですので

まずはじめに埋没法から、、、というのは大賛成です。

でも、埋没法で取れちゃった人や、まぶたが厚くて取れそうな人、

くっきり二重にしたい人には、切開法にチャレンジするのもいいかもですね。

関連記事
埋没法で二重まぶたの体験
鼻とあごにヒアルロン酸注入によるプチ整形体験しました
ヒアルロン酸を顎へ注入!Eライン整えて美人顔に!
医療レーザー脱毛でつるつるに!毛穴が小さく美肌効果も
美肌になる方法!ニキビ跡や毛穴の開きにフラクショナルレーザーが効果的